読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Paizaの反省点

最近PaizaでAランクの問題に挑戦できるようになりました。

今日もある問題を解いてみたんですが、 回答に4時間もかかってしまいました・・・。

悔しいのは、 その半分以上をデバッグに費やしたことです。

原因はすごく簡単なことで、二度と同じミスを犯さないように 今回学んだことをメモしておきたいと思います。

1.オプショナル引数は使わない

バグの原因は、 オプショナル引数の渡し忘れでした。 当然、オプショナル引数は、”オプショナル”ですので渡し忘れていても エラーにはなりません。

通常のプログラムにおいては必要な機能ですが、 Paiza のような時間制限付きの問題を解く場合は焦りもあって、 ミスに気づきにくいです。 なので、オプショナル引数は使わない方針で行きたいと思います。

2.pryのデバッグ機能を使う

これも当たり前のことですが、 pryデバッグ機能は積極的に使っていこうと思います。

require 'pry'

def main()
    binding.pry #ここからデバッグを開始します。
end

main()

以上!