読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nokogoriの使い方メモ(XPathを使った場合)

Nokogiriのサンプルをメモ。

Youtubeで「Ruby on Rails」と検索して、結果の動画のタイトルの一覧を表示する。

require 'open-uri'
require 'nokogiri'

# Youtubeで「ruby on rails」で検索した結果の動画のタイトルの一覧を取得する。

# youtubeでruby on railsを検索
doc = Nokogiri::HTML(open('https://www.youtube.com/results?q=ruby+on+rails&sp=CAI%253D'))

# 動画のノードの一覧を取得
# ドキュメント全体を検索する場合は「//をつける」
nodes = doc.xpath("//div[@class='yt-lockup-dismissable yt-uix-tile']")

nodes.each do |node|
  # このノード以下のすべての子要素に対して検索を行う場合は「.//」をつける
  title_node = node.xpath(".//h3[@class='yt-lockup-title ']")
  # 子要素のみを検索対象とする場合は何もつけない
  title = title_node.xpath("a")
  puts title.text
end