読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web系ベンチャーに転職します

9月中旬からWeb系企業への転職活動を勧めていたのですが、 昨日先方から内定の通知が来ました。

とりあえず、備忘録として転職に至った経緯、今後やりたいこととかを 書き留めておこうとおもいます。

年齢とか

27歳。男性。

現職の仕事内容

医療系のシステムベンダーで介護関係のシステムを担当、 言語はVB.NETで、Windowsのネイティブアプリを作ってました。

転職先での仕事内容

Ruby on RailsのWebエンジニア

100万人以上のユーザーがいるWebサービスの開発に携わることになります。。 プレッシャー半端ない。

転職理由

ずっとWebエンジニアになりたかった

大学のときもWeb系に進みたいと思っていたのですが、実力不足でその時は 今の会社に就職しました。でも、ずっとWebエンジニアになりたいという気持ちは 消えず、個人的にRailsやSwiftを自習していました。

危機感

今の会社の方針として、言語はVB.NETしか使うことができませんでした。 VB.NET自体はC#の方言みたいなもんで十分先進的な言語だけれど、 世間的には余り使われていない部類の言語だと思います。 また、フレームワークも自社独自のものを使っていました。 この環境で5年、10年と働いていけば、確実にエンジニアとしての市場価値は 低くなっていくだろうな・・と感じていました。 社内の体制変更、入社から3年たったことなど、抜け出すなら今しかないと考え 転職を決意しました。

未経験なのになぜ採用されたか

自作アプリを面接に持っていた

個人的に勉強のためにRuby on Railsで簡単なSNSサイトを、 Swiftで中古本の価格を検索できるアプリを作っていました。 面接でこれを見てもらったのがすごく効果があったと思います。 一次面接で圧迫的だった面接官の態度(内定もらったところとは別の会社)が、 アプリを見せた時にガラッと変わるのはすごく印象的でした。 多分、自作アプリを面接で見せるだけで2倍ぐらいは通過率が上がるんじゃないかな。

入社までに勉強しておくこと

Ruby

抜けている知識を埋めておくために、 Ruby技術認定試験のSilver(できればGold)を取得しておきたいと思います。

Ruby on Rails

Railsチュートリアルを読み返します。 あと、実際にWebサービスを一つ作っておこうと思います。

mongoDB

とりあえずどんなものか触っておこうと思います。

AWS

Railsで作ったWebサービスをデプロイしてみたいと思います。

Git、GitHub

GitHubFlowで開発をしていると聞いているので。。 恥ずかしながらPullRequstを送ったことがないのでそのへんも勉強しておこう。