読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋探しのまとめ、今後の傾向と対策

取り敢えず手続きが全て終わったので備忘録としてまとめておきます。

現住所

大阪市

引越し先

大田区東急池上線沿い)

家賃

57,000円(+管理費 3,000円)

初期費用

12月分賃料:57,000円
12月分管理費:3,000円
敷金:57,000円
礼金:57,000円
保証会社保証料:48,000円
火災保険料:17,000円
仲介手数料:61,560円

合計:300,560円

次回は礼金と仲介料が無料の物件を探す

今回の部屋探しを通じて思ったこと・・それは・・
礼金・不動産仲介料がバカ高い!!!
この2つで合わせて、118,560円
礼金は法的根拠がないみたいで最近は取らないところが増えてきているらしいので、今回わざわざ礼金ありの物件にしてしまったのは阿呆だった。

不動産仲介料にしても、半日もかかっていないはずなのに6万とは・・。
しかも大家にも同じ金額を請求しているとのこと。ぼったくり過ぎでは?

おとり物件に騙されるな!オトクな物件には注意!

HOMESに1Kで家賃5万円の物件が掲載されていたので(周辺の家賃相場よりだいぶ安い)、その掲載元の不動産業者に問い合わせると、まだあるので東京に内見に来てほしいと言われた。
休日に大阪から上京しその不動産屋を尋ねると「あの物件の大家が自己破産してもうございません。他の物件を探しましょう!」だと。。
絶対ウソですよね・・。見事に騙されました。
今回は、時間もなく、わざわざ大阪から来てしまったので、仕方なくその業者で探しましたが・・。

実は僕騙されるのは初めてではなく、前回の部屋探し時にも囮物件に釣られてしまったんですよね。しかも、その業者からも同じようなことを言われました。
だから、おそらくこれはある特定の業者だけではなく不動産業界全体の問題点だと思われます。
なので、周辺の相場よりだいぶ安い掲載物件には注意しましょう・・。